功を急ぐ過剰な営業トークでまくしたてず事前説明も詳しく伝えることも必要

容易な実施で出来る営業手法だけに昔から行われてきたのが電話営業、対面式ではないことから、毎回必ず成果に直結できるわけではなく、むしろ結果には結び付きにくい方法でもあります。

早急に契約締結や販売を急ぎ過ぎる気持ちが前に出過ぎてしまうため、過剰にまくしたてるような営業トークを使われてしまうこともしばしばです。
電話営業は禁止行為ではありませんが、それに関わる法律には注意も必要、特商法はまさにその一つになります。

電話を受けた消費者が不安に駆られないように、電話勧誘販売をする際には事業者名を名乗ること、会社の名称などをまずは名乗らねばなりません。販売目的は何なのか、売りたい商品及びサービスの提供は何なのか、内容を明らかにする必要があります。

勧誘時にはもちろんのこと、契約をしてから解約申し出を受けた際にも、電話で話す消費者に迷惑と感じる行為はしてはならず、脅すようなトークをするのも当然ですがNGです。事前説明に誇張や嘘があってはならないこと、伝えなければいけない事実を隠しての勧誘もやってはなりません。

話に興味を持った消費者が勧誘の商品を購入するために契約申し込みをした際には、口頭だけで終わらせないことも肝心です。法定書面を必ず消費者に対して交付をすること、そこには重要事項を記載する必要があります。

見事契約締結に至る際には、消費者にクーリング・オフ制度のことも説明をしておかなければなりません。契約後に消費者が冷静になって考えて解約をしたいと申し出る可能性もありますし、家族や知人からやめたほうが良いとアドバイスを受けることもあります。

広く知られるようにはなったものの、クーリング・オフ制度を知らない消費者もいますので、説明をしておかねば解約したくても諦めてしまうかもしれません。クーリング・オフ制度により契約書面受領日も含めて、8日以内であれば解約をすることができる旨を伝えておきます。

契約をはっきりと断ったにもかかわらず、何度も電話をかけて再勧誘をする事は禁止行為です。支払いに関して代金前払い式勧誘販売を行うなら、取引承諾や引き渡し時期などをすべて記載した書面をすぐに送球する必要があります。
詳細が記載をされた書面の通知は、任意でこなうわけではなく事業者側の義務です。

普通に考えて度を超すような分量をオーバーするようなサービスや商品は求めないこと、特殊法により電話勧誘販売に関しても厳しい面はあります。

Posted by admin